WinSCPで外部エディターで開く設定方法を解説!

デフォルトの状態だと、WinSCPで開くと内蔵エディターが開いてしまいます。

正直デフォルトのエディターは使いにくいので、普段使っているエディタで開きたいですよね?

今回は、WinSCPでデフォルトのエディタを変更する方法について解説します。

まず、何でも良いのでテキトウなファイルを選択し、右クリックしてください。

winscpのエディタ設定方法

上の画像のように設定画面が開かれたら、「編集」>「設定」と進みます。

winscpのエディタ設定方法

追加を選択し、「OK」を押します。

winscpのエディタ設定方法

次の画面では、

「外部エディタ」>「参照」>使いたいエディタを選択>「OK」と進みます。

これで準備完了です!今後はファイルをクリックして開くと自動的に今回設定したエディタが起動するはずです。

WinSCPで外部エディターで開く設定方法まとめ

まとめると次の通りです。

ファイル>編集>設定>追加>「外部エディタ」>「参照」>使いたいエディタを選択>OK

上記の設定が完了すれば、設定完了です。

お疲れ様でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました